オーストラリアのオプショナルツアー、空港送迎、ホテル、ETASなど、旅のパーツ予約とオーダーメイド旅行の相談が可能です
トップページオーストラリアのサマータイムのお知らせ

オーストラリアツアー.jp | オーストラリアのサマータイムのお知らせ

オーストラリアのサマータイム開始のお知らせ
オーストラリアでは、2019年10月6日(日)の午前2時より、サマータイム(夏時間)がスタートし、2020年4月5日(日)の午前3時まで続きます。サマータイムになると以下の5州(都市)では、現地時刻がこれまでより1時間進みますので、この時期、オーストラリアにご旅行をご予定の方や、現地オプショナルツアーにご参加される方は、時差をお間違え無いよう、くれぐれもご注意ください。また、サマータイムが実施される各地域にご滞在の方は、10月5日(土)の夜に時計を1時間進めてください。
*サマータイムという言葉は、英語では通常「デイライトセービング(daylight saving)」と言います。


▼オーストラリアのサマータイム及び時差は州によって異なりますのでご注意ください。

夏時間が採用されている州と主な都市とのサマータイム時の時差
▼以下の地域では、2019年10月6日(日)の午前2時が1時間進み、午前3時となります。

ニューサウスウエールズ州 (日本との時差 +2時間)
シドニー、ブルーマウンテン、カウラ、ニューカッスル、バイロンベイなど
*ブロークンヒルのみ、南オーストラリア州と同じ時差を採用しています。
オーストラリア首都特別地域 (日本との時差 +2時間)
キャンベラなど
ビクトリア州 (日本との時差 +2時間)
メルボルン、フィリップ島、グレートオーシャンロード、バララットなど
南オーストラリア州 (日本との時差 +1時間30分)
アデレード、カンガルー島、クーバーピディなど
*ニューサウスウェールズ州のブロークンヒルは、南オーストラリア州と同じ時差を採用しています。
タスマニア州 (日本との時差 +2時間)
ホバート、ロンセストン、クレイドルマウンテンなど

夏時間を採用していない州と主な都市との時差
▼以下の地域では、年間を通して時間に変更はございません。

クイーンズランド州 (日本との時差 +1時間)
ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン、タウンズビル、グレートバリアリーフ、マウントアイザなど
ノーザンテリトリー (日本との時差 +30分)
エアーズロック、アリススプリングス、キャサリン、ダーウィンなど
西オーストラリア州 (日本との時差 マイナス1時間)
パース、ブルーム、キンバリー地区、シャークベイ、アルバニー、カルグーリーなど