オーストラリアのオプショナルツアー、空港送迎、ホテル、ETASなど、旅のパーツ予約とオーダーメイド旅行の相談が可能です

エイチエス損保のスマートネッとUエイチエス損保のネット海外旅行保険「スマートネッとU」は当社スタッフも利用しています。

トップページダーウィン オプショナルツアー・ホテル・空港送迎のカテゴリーページ
ダーウィンのマラカイ湿原

ダーウィンのオプショナルツアー、鉄道旅行などを探す

ダーウィンはオーストラリアの北端に位置し、オーストラリアで初めて世界遺産に登録されたカカドゥ国立公園の拠点です。カカドゥへはダーウィンからいくつかオプショナルツアーが出ていますが、特にイエローウォータークルーズの含まれたツアーがお勧めです。その他、ダーウィンのオプショナルツアーでは野生のワニに餌付けするジャンピングクロコダイルツアーは必見で、アボリジニ文化に興味のある方はカカドゥ国立公園の奥地に広がるアーネムランドへ行くツアーもお勧めです。
カカドゥ国立公園

カカドゥ国立公園 (日帰り)

ダーウィン最大の観光地。自然の驚異、アボリジニ文化の真髄が体験できる世界遺産ツアーです。

ノーランジー

カカドゥ国立公園 (1泊)

カカドゥに宿泊する2日間のオプショナルツアーです。日帰りツアーでは物足りない方にお勧め!

イエローウォーター

トップエンド (2泊)

カカドゥやリッチフィールドやマリーリバー等、トップエンドで2泊するオプショナルツアーです。

ウビルー

トップエンド (3泊以上)

カカドゥやトップエンドで3泊以上するオプショナルツアーです。他都市へ移動するツアーもあり。

リッチフィールド国立公園

リッチフィールド国立公園

ダーウィンから1時間。7mもある巨大アリ塚や墓石のようなアリ塚、滝、奇岩などを観光します。

キャサリン渓谷

キャサリン渓谷

ダーウィンから南へ4時間。キャサリン川のクルーズや渓谷のトレッキングを楽しむツアーです。

アーネムランド

アーネムランド・オーエンペリ

一般に立ち入るには通行許可証がないと入れない、アボリジニ居住地区をツアーで観光します。

ティウィ諸島のアボリジニ

秘境の旅・ティウィ諸島

ダーウィン沖合いのティウィ諸島のバサースト島や、アーネムランドの奥地へ行くツアーです。

ダーウィン

ダーウィン市内観光・近郊観光

トロピカルでモダンな熱帯都市・ダーウィンの市内や近郊を観光するオプショナルツアーです。

ジャンピングクロコダイル

野生のクロコダイルに会う

ジャンピング・クロコダイルクルーズは超おすすめ! 野生のワニがうじゃうじゃ泳いでいます。

クロコディラスパーク

ダーウィンの動物園

巨大クロコダイルがいるワニ動物園や面白いバードショーが人気の動物園の入場券やツアーです。

アボリジニと夕景

アボリジニの文化を知る

カカドゥのウビルやノーランジーに描かれた壁画や、アーネムランドなどを観光するツアーです。

ダーウィンのサンセット

ダーウィンのグルメを楽しむ

ダーウィンでは、海に沈むサンセットを眺めながらディナーを取ることが当たり前のシーンです。

バードショー

ダーウィンの半日ツアー

ダーウィン市内観光やジャンピングクロコダイル等、ダーウィンの半日オプショナルツアーです。

アウトバックの道

大陸移動型バスツアー

日帰りツアーでは体験できない、オーストラリア大陸を移動しながら旅する壮大なバスツアーです。

ガン号

ダーウィン発・鉄道の旅

大陸縦断鉄道・ガン号はアデレードまで2泊3日です。個室寝台~格安座席まで選べる鉄道の旅です。

グレイハウンドバス

ダーウィン発・長距離バスの旅

オーストラリアをツアーでなく、自由に旅行したい。そんな方にグレイハウンドバスがお勧めです。

シャトルバス

ダーウィンの空港送迎

ダーウィン空港とダーウィン市内や近郊の町などを結ぶ空港送迎です。格安の英語送迎もあります。

専用車・ガイドチャーター

専用車・ガイドチャーター

ダーウィンのオプショナルツアーや空港送迎など、グループやプライベート観光でご利用下さい。

ホテル

ダーウィンのホテル

ダーウィンのホテルやコンドミニアムの手配も承っています。厳選した宿泊施設だけを集めました。

パスポートとイータス

オーストラリア旅行の必需品

オーストラリアの入国には観光ビザ「ETAS(イータス)」が必須です。格安で登録代行いたします。

オーストラリアのワイン

オーストラリアのお土産

メードイン・オーストラリアを集めました。当社スタッフが厳選したオーストラリア産のお土産です。

 

 

 

 


ダーウィンの観光スポット

カメラ カカドゥ国立公園の観光スポット

ピン イエローウォーター (Yellow Water)

イエローウォーターは、カカドゥ国立公園にある巨大な湿地帯です。雨季に氾濫した水で水路ができ、乾季には野生動物のオアシスになります。イエローウォーターでは、オーストラリアでも有名な野生動物を観察できるクルーズが有名です。ゆっくりと進む船からは、野生のクロコダイルやバッファロー、様々な種類の野鳥、美しい花などを観ることができます。

ピン イースト・アリゲーター・リバー (East Alligator River)

19世紀の探検家たちが、多くのクロコダイルを見てアリゲーターと誤認したことから、この名が付いたと言われるほど、ワニの多いエリアです。また、カカドゥ国立公園の対岸にあたる東側は、アボリジニ居住区「アーネムランド」となっています。

ピン ウビルー (Ubirr)

ウビルーは、アボリジニの人々によって何千年もの時を超えて描かれてきた壁画が良好な状態で保存されています。精霊やカメ、バラマンディといったこの辺りで見られる生物や人々の暮らしになどを描いた岩絵が見られます。また、ウビルーロックを頂上まで登ると、地平線まで続く大湿原と遥かアーネムランドの壮大な眺望を見ることができます。

ピン ガラヤンビ・クルーズ (Guluyambi Cruise)

イースト・アリゲーター・リバーをボートで巡り、アボリジニ居住区域のアーネムランドに上陸するクルーズで、アボリジニのガイドがヤリの投げ方を披露してくれます。イースト・アリゲーター・リバーはとても静かな川で、穏やかな日には川岸のユーカリやバンダナスが川面に鏡のように映ります。また、乾季にはイリエワニとの遭遇率がとても高いクルーズです。

ピン クーインダ (Cooinda)

ジャビルーと並ぶカカドゥ国立公園の観光の拠点となる町で、ホテルやキャンプサイト、アボリジニ文化センター、などがあります。イエローウォーターやジムジム・フォールズやツイン・フォールズやノーランジーなどの起点となります。

ピン サウス・アリゲーター・リバー (South Alligator River)

カカドゥ国立公園のほぼ中央を南北に流れる巨大な川で、カカドゥ国立公園の大湿原エリアを形成しています。中でも、マムカラ湿原では周囲にハイキングコースもあり、世界中からバードウォッチャーが集まります。マムカラ湿原の展望デッキからは、数多くの野鳥や野生動物を観察することができます。野鳥観察に適しているのは乾季の終わりごろにあたる9月~10月で、カサカギガンの大群を観ることができます。

ピン ジムジム・フォールズ & ツイン・フォールズ (Jim Jim Falls & Twin Falls)

カカドゥ国立公園で最も人気のある2つの滝です。乾季の水量が少なくなる時期にしかアクセスできず、4WD車で未舗装道路を片道約2時間もかかります。ジムジム・フォールズは、落差250mもある迫力満点の滝で、雨季にはダイナミックな様子を遊覧飛行で空から見ることができ、乾季には滝つぼまで行き泳ぐこともできます。
ツイン・フォールズは、その名のとおり二股に分かれて豪快に流れ落ちる滝です。乾季には、途中まで4WDで行った後、滝つぼまではクルーズ船でアクセスすることができます。

ピン ジャビルー (Jabiru)

カカドゥ国立公園の観光の拠点となる町で、ホテルやキャンプサイト、インフォメーションセンター、スーパーマーケットなどがあります。ウビルーやアーネムランドやノーランジーなどの起点となります。

ピン ノーランジー (Nourlangie)

ノーランジーは、美しい湿原に小高い岩山が点在した場所です。中でも、2万年~数千年前に描かれた多くの壁画が残るノーランジーロックや、ノーランジーロックの眺望が美しいノーランジー・ルックアウトが人気です。カカドゥ国立公園で最も有名な壁画「ナマルゴン (ライトニングマン/雷男)」は、ノーランジーロックで見ることができます。

ピン ボワリ・ビジターセンター (Bowali Visitor Centre)

ジャビルーにあるカカドゥ国立公園の観光インフォメーションセンターです。アボリジニについての様々な展示や、カカドゥ国立公園についての解説が上映されたり、カフェやお土産店も併設されています。

ピン ワラジャン・アボリジニ・カルチャー・センター (Warradjan Aboriginal Cultural Centre)

クーインダにあるアボリジニ文化センターです。カカドゥ国立公園に住むアボリジニの伝統的な文化、信仰、生活様式に触れることができます。また、アボリジニの工芸品などのお土産も販売しています。